然りとてさりとて

毎日を平々凡々に暮らしたい願望大なのに、いろんな事にわちゃわちゃ振り回され続けてる(振り回してる?)50近くの田舎女性たわごと日記。 VSびんぼー、毒持ち(こうあるべき!大好きな過干渉さん達)から逃亡中、VSストレス作らない、自分の為に自分らしく、VS何事にも果敢に挑戦頑張り中

いろんなところから発見があると思うわけで

自分の聞きたくないことは聞きたくない、という夫の本性。

 

歳をとると頑固になるとは聞きますが、頑固にならなきゃいけない理由ですよね重要ナポイントは、と思います。

 

 

なにげに見たもの聞いたものがなにげに繋がっててそこから更に広がっていく世界というものがあると思ってる私なので、興味ないことでも一応はふむふむと聞いたりはしてるつもりです。

 

その人は、自分は話さないからそっちも話さなくていい、という考えらしく今では私が話し始めると「それ絶対話さなきゃいけないワケ?」とSTOP THE喋るな!を繰り出してきます。

 

かんに障る話をされると繰り出してくれるらしきSTOP THE喋るな!

言われたくないこと、聞きたくないことはぜ~んぶこれでシャットアウト!!

 

 

ともなると、何も話さないほうが平和なのです。

STOP THE 喋るな!をされるくらいなら一緒の空間にいない方が幸せなのでそうしています。みすみす嫌な気持ちになるくらいならはじめから接点を消去しておく作戦。

 

 

夫婦とは協力しあうものだと私は思っていたけれど、その人は「女よりも大金を稼いできてるのだから家事は女の仕事だと」そう思っていた人で。

 

女側からすると「それは昔の話。今はそういう時代ではない」なのですが、どうしても自分に得になることだけは残りはびこるものなのですかねえ?やはりどうしても女にばかり背負わせること多すぎだよなと毎日思うばかりです。

 

家事だって私には私なりの合理的な方法ってものがあるのでその方法でやってほしい、そう言いますけれど、「は?そんなこと聞いてないけれど?」とばかりに自分さえ気持ちよい家事が出来ればそれでよし!なもんでありまして。

 

どこまでいってもキーワードは「自分次第」なんですな。

それを言うと「だったらもうやってやらねーからな!」との上から目線をお見舞いされてしまいます。

 

女性は虐げられてきた歴史が関係しているからか「もっと今より広い世界をみてみたい。こんな生活から脱出したい」的な願望が多いのでは?と思います。それくらい沢山の大事だけどあまりおおっぴらにはなってない大切を持ちすぎてる。

 

私からみたらそれは男女平等にはならぬと思うのよ。協力しあってこそ男女平等かと。

 

まぁ器の小ささと言われればそれで話は終わりなんだけど、その人の良いところは優しいところだったのですがもうそれも見当たらなくなった今、奴には望まずで自分の出来ることしなきゃならぬこと、してあげたいことをしてあげたい人にしようと思う。

 

私はアンテナはっていろんなことを知っていきたい。今だけに満足して気に食わぬことはシャットアウトばかりして小さく安心して生きていくことだけはしたくない。