然りとてさりとて

毎日を平々凡々に暮らしたい願望大なのに、いろんな事にわちゃわちゃ振り回され続けてる(振り回してる?)50近くの田舎女性たわごと日記。 VSびんぼー、毒持ち(こうあるべき!大好きな過干渉さん達)から逃亡中、VSストレス作らない、自分の為に自分らしく、VS何事にも果敢に挑戦頑張り中

重み

今日は出勤してきました。またもや忙しい日だなーとシフト見て認識はしてましたが突然休んだ方がいて予想以上の忙しさに。

 

まぁ仕方ないよね。どうにもならない事だしね。なんて思いながらもいつもの如くピッチ早めに作業していたら「多分今日はそんなに忙しくはならないと思うから。少しゆっくりやっていいからね」とのお声。

 

ありがたやありがたやー。そのお気持ちだけで十分ですわい、なんぞとしみじみ感激しながら作業しつつ気付いたわけです、なるほどに。

 

「んん!?」「ってことはいつも私、必死に仕事してるの知ってくれてたのね」

 

あーなんかうれしいなー。そうなの、私相当必死に働いてるのよこれでもさー。

褒められるのと同じくらい嬉しいものなのね、認めて貰えるってことは。

 

ありがとうございますありがとうございます、と選挙カーに乗って御礼述べてる姿の自分を妄想しちゃうくらいに思い出しても嬉しいヒトコマ。

 

 

昨日は「何かの耐久レースか?」ってくらいに忙しすぎて。でも忙しいからといってやるべき仕事をやらずして残したままでは帰られぬ!(全く気にせず帰られる方もおりますが♪)

 

結構お時間とられる仕事がひとつ入ってたので時計とにらめっこしながら「ひゃー」とか「あぁー」とか「ふぅ」とか言いながらもなんとか時間内で終わらせることが出来ほっとしたものね。まじやばかったギリギリ。そんなんだった昨日。

 

 

場面戻りましての今日の続き~手こずらされるその仕事をまた今日もやらねばと身構えながらまずはと他の仕事をしてたらさ、ふわっと急に現われて「その仕事は私がやるんでそのままにしておいていいからね」と言って消えていかれましたわさ。「何それマジにありがたい。まじ神じゃん!」とか思いましたわさ。

 

弱ってる時に頂く優しさの破壊力って半端ないものだわ(バファリン?)、、、って思ったんだけど、でも多分なんか良いことあったんじゃないかなぁ?ちょっといつもと雰囲気違ってたからデートとかかしら?などと思っちゃったくらいの出来事でした。

 

 

無口な人なので口に出してあーだこーだって言わない人みたいだから大変でも大変って言わない、ってか言っちゃいけない立場なこともああるんだろうかね、見てると気の毒だわと深く思ってしまうくらい。

でもだからこそ「出来ることは私がやっときますよ!?」って思うのよね。職場の人数が少ないからその分も背負って仕事してるんだもん、大変じゃないわけがないよ。

 

でもさ、大変な立場で大変を知ってるからこそ大変な人の大変さが分かるのでしょう。本気でヤバイ時は無言で助太刀してくれるからありがたい。無言だけどね。

 

 

先輩プロさんも私がピンチな時は嫌な顔1つせず助けてくれる。だから私も手助け出来たらなって思うのよ。この2人とはとにかく仕事がしやすい。無言でも以心伝心みたいに仕事どんどんまわしていける感じなんだもん。お二人が私に合わせての察する能力を持ち合わせており私が考えてるであろうその先をよむ判断力も正確で素早いから=お2人が有能すぎるからなだけだけど(私がポンコツでも成り立つという法則・・・)

 

チームワーク&コミュニケーションってほんと大事だなーってどんどん学ばせられていく出来事でありました。