然りとてさりとて

毎日を平々凡々に暮らしたい願望大なのに、いろんな事にわちゃわちゃ振り回され続けてる(振り回してる?)50近くの田舎女性たわごと日記。 VSびんぼー、毒持ち(こうあるべき!大好きな過干渉さん達)から逃亡中、VSストレス作らない、自分の為に自分らしく、VS何事にも果敢に挑戦頑張り中

清潔感

少しづつ夏の本場の威力を見せつけられる今日この頃。

 

出勤時、家を出るときは清潔感を意識して「いってきまーす」でいるけれど、仕事が終わった後は「わたしの今の姿って、清潔感あるん!?」と首かしげながらそそくさと逃げるように帰る日々。

 

 

見られてはならない。見せてはならない。まさにそんな感じ。

 

 

でもね、そう思えば思う程に絶対会う。いろんな人に会っちまう。

その都度「無念!こんな姿を見られるとは・・・」というきもち。

 

 

だってどうせ見るなら汚いのよりは汚くない方がよろしくない!?

心がイヤな気持ちにならん方がよろしくない!?

 

ということで、清潔感について考えてみた。

 

 

清潔感のあるおばさんは近づいても嫌な気持ちにならん(と私は思う)

自分のこと中心でしか考えられない状況やそういう偏った思考回路の脳を持つ方は清潔感なんてそんなんどうでもいいし関係ないのかもしれない。

 

けど。

 

閉店間際のスーパー。そういう意味ではちょい危険だったりする。

 

割引大好きっ子おばさんなので割引シールが貼られてる商品を見るのは大好きですが、そこに同じように群がってるお仲間たちから(?)異臭漂ってる時もあり(?)清潔感について考えてしまうのです。

 

スーパー行くのに入場制限あるわけじゃないしドレスコードあるわけじゃないから何着ようがどんな臭いまとおうがそれは人の勝手の範疇ではありますが、明らかに他人を不快にさせる事は気持ちのよいものではないなあと。「事情があって」だとは思うけど。

 

それも考えたらやっぱ人を不快にさせない「最低限の身だしなみ」ってのは大事だなと私は思うのです。

 

 暑くてしんどくてもせめてもの清潔感のあるおばちゃん目指していざ!!