然りとてさりとて

毎日を平々凡々に暮らしたい願望大なのに、いろんな事にわちゃわちゃ振り回され続けてる(振り回してる?)50近くの田舎女性たわごと日記。 VSびんぼー、毒持ち(こうあるべき!大好きな過干渉さん達)から逃亡中、VSストレス作らない、自分の為に自分らしく、VS何事にも果敢に挑戦頑張り中

基準だなんて意外と曖昧

友達の「こうあるべき!!」が強すぎる。

 

強い正義感と強い責任感。その軸が世界基準と思い込んでいるかのようで、そんでそれ、相手にも押しつけ比較しては「絶対オカシイよね!!?」と。

 

 

「ん、・・・オカシクはない。いろんな人がいていろんな考え方があるから」

と答えるけど、納得いってない様子。

 

 

正論が正解だとは限らんよ、と思う。本当なら正論が正解であってほしいけど、でもいろんな人がいていろんな考え方があるからこそ正論は正解ではないし正論が正義でもないって私は思う。

 

 

「こどもが制服を早く脱がないから洗濯できなくてイライラした」とか「お弁当箱をすぐ出さないから出すまでずっと言っててストレスたまる」とか。

 

やる気のない人をしつこく攻め込んでこちらの思うがままに強引に動かしてもこちらの真意って絶対伝わんないと思う。だってそれ、わたしがいつもやられていたことだから。しつこく言われるのがウザいから仕方なしにただ従うだけ。本当はそんなんしたくないのにそちらの軸に合わせろとせかされた上に恩着せがましく有り難みを押しつけられ強要され。だからその手法、わたしは使わない。てか使いたくない。

 

それってさ、お互いストレスたまるだけだしその一時限りだと思う、気持ち分かるけど。だからいつもいつまでも言い続けなきゃいけない図式でしょ。自主的でなきゃ本当に意味がない。

 

 

「(洗濯して)あげてるのに」「お弁当箱洗ってあげてるのに」って上から目線だからストレスたまるんだと思う。

 

脱がなくて洗濯できないなら放置しとけばいい。お弁当箱出さないなら放置しとけばいい。

 

その放置のおかげでこどもだっていずれは気付くよ。「早く脱がなきゃ洗ってもらえない。なら早く脱ごう!」とか「お弁当箱早く出さなきゃ明日のお弁当はないからヤバイ!!」とか学ばない??絶対学ぶ!!

 

失敗こそ最高の教科書。

 

そーゆーの学ばせんで親都合で先回りして強引に持っていこうとしてのイライラや文句は好きじゃない。

 

 

「制服早くぬがなきゃ困らない??」と聞かれたので「全然困らない。だって困るのは本人で母親のわたしは全然困らない。制服着たまま寝ちゃったりもするけどそれだってしょうがない。だから先回りしてそこまでは言わないよ。流石に「昨日制服着たまま寝ちゃったでしょ。さすがにそれはちょっとじゃない?」とかは言うけれど、臭くてバカにされても困るのは本人だし。そうやって学んでいくと思うしね」と言うと目を丸くして驚いてたので考え方の違いがはっきり分かったのでした。

 

 

親子と言えども趣味だって価値観だってそれぞれ違うんだから自分の型にはめようとしないであげてほしい。相手の主張も認めてあげてほしいって言うんだけど、でも絶対それ出来ないっぽい。

 

 

相手のことを親身に考え対応する素晴らしい方だけど、でも結局の基準はいつでも自分が軸だから。だからストレス溜まるよね。考え方変えりゃあラクになるのにな。

 

 

相手に自分の基準を押しつけて求めちゃいけないのよ。それやるからストレス溜まるのよ。相手に自分の基準で物事考えてはそれ求めてそれ望んで自分の基準押しつけて。そうじゃないならばどこまでも言い続けるだなんて時間の無駄。って私もようやく気付いたからこそに思うんだ。時間の無駄なんだね。

 

ならばなぜ犯罪者が存在する?いろんな人がいていろんな考え方があるからそういうことなんだと思うけど。

 

 

 

ちょいとわたしの母親と同じにおい。

「こどもの為にこんなにまで私はやってあげてるんだから」という押しつけの刑と罪悪感埋め込みの刑。

 

 

貸したお金は絶対返ってくると信じて疑わない派なのかもしれない。

でもそれって自分基準で考えてるからそう言えることじゃない?

「貸したお金は帰ってこない(かもしれない)」と思うようにしないと怒りと愚痴で寝込むんじゃないかと彼女をみてて思ってしまう。

 

自分の考えだけが全て正しいと言い切るその姿に考え方を広げるための度(学び)は必要なんじゃないかな?と思ったのでもっとわたしも学んで楽しく生きていけるようにしていかなきゃねと反面教師でつくづくお勉強。