然りとてさりとて

毎日を平々凡々に暮らしたい願望大なのに、いろんな事にわちゃわちゃ振り回され続けてる(振り回してる?)50近くの田舎女性たわごと日記。 VSびんぼー、毒持ち(こうあるべき!大好きな過干渉さん達)から逃亡中、VSストレス作らない、自分の為に自分らしく、VS何事にも果敢に挑戦頑張り中

さよならストレス

最近はストレスがたまらない。貯まらないよう気を使ってるってこともあるが、なんかいろんなこと流せるから不思議。

 

仕事はと言えば、以前同様 嫌な仕事ばかり舞い込むけれど、嫌な仕事も慣れてしまえばイヤじゃなくなるのならさっさと手を打っとこう、そんな感じ。

 

イヤから逃げ続けること出来るならとことん逃げまくってやるけれど、それ絶対無理でしょう!?だったらさっさとイヤを克服して普通にしといた方いい気する、うん。

 

 

そんなわけでイヤなことしまくってると「イヤなことなのにそれを頑張ってやってる私ってなんて素敵なの!!」とお涙頂戴状態で自己肯定感ぐぐーんと上昇。

 

 

結構素敵なループなんですよ、だからおすすめ。嫌なことはしといた方がいい。そしたら最後、清々しい気持ちを得ること出来るから。自分のことめちゃくちゃ好きになる。

 

 

走るのも同じだなと思う。苦しくて苦しくて、そんでも今日の目標をこなせるとものすごく誇らしげになるもんね。それまではしんどくてまじゾンビみたいな気持ちで身体動かしているのにさ。なんなんだろ、あの解放感。アドレナリンのせいかしら?

 

 

家のことをすることで、自分はもちろん家族の為にも頑張っている素敵な自分(に酔いしれることができる)

仕事をしに行く事で、世知辛い世界の中で仕事、雑用、嫌な人間関係も頑張っている自分(を褒めてあげれる)

走ることで、目標を見失わず地道に頑張っている自分(を誇らしく思える)

 

 

結局、結果うんぬんよりも頑張ってるか頑張ってないか。そこがポイントなのかもなと思います。頑張るということはラクであっても苦しくあっても満足に繋がることだからかな、よく分かんないけど。だから自己満足で頑張って、そんで他者満足も得ること出来ているならばすんばらしい!ってことかもね。

 

 

完璧主義者の親に育てられたので失敗やミスにものすごく敏感に反応してしまうのです。だから仕事ってやつはプレッシャーが(勝手に)たっぷりで。でも今の上司、結構好き勝手に仕事させてくれる。「きちんと対処した上でのことならそれは仕方ないことだからあんま気にしなくていいよ」と。

 

無口な人が発する言葉の威力は凄まじいなと思う。私はそのありがたさに便乗しながらで自分なりに一生懸命やっていこう!って前向きになれるありがたいループ。そうすると仕事忙しくても(仕事しないでフラフラしてる人がいても)さりげない生きがいにもなっているから本当ありがたい(ありがとーと叫んでおきます)

 

 

どんなにストレスの原因がありすぎても他で発散できればラクなんだねぇ。

認めてくれる人がいるって幸せなことなんだねぇ。