然りとてさりとて

毎日を平々凡々に暮らしたい願望大なのに、いろんな事にわちゃわちゃ振り回され続けてる(振り回してる?)50近くの田舎女性たわごと日記。 VSびんぼー、毒持ち(こうあるべき!大好きな過干渉さん達)から逃亡中、VSストレス作らない、自分の為に自分らしく、VS何事にも果敢に挑戦頑張り中

来てくれる検索ワードについて思うこと

暑い。とにかく暑い。

天国どこー?っていっつも思ってる。いつも気持ちは砂漠を徘徊している自分!(行ったことないけれど!!)

 

 

冷え性の私でさえこんなに「暑い暑い」言ってるんだから我が家のモサモサちゃん達は相当に大変な思いをしているんだろうな。

正確に言えば夫がモサ男の長。でもう1人がちょいモサさん(私的には感じないけれどまた別の1人からすると自分よりもモサっティーとのこと)。絶好調に皆さん汗かきです・・・

 

 

そんなわけで我が家、至るところに小さいマカロニみたいな大量の毛と私の長い髪の毛がコラボしまくっている身の毛もよだつ恐ろしき図。あー、ルンバ欲しいなぁー。いつか頑張って買おう!(生きる目標がまたひとつ増えた)

 

 

さて。こちらを覗いてくださってる方の検索ワードに「毒親」が多いようで気になったもんでちょいと書いてみる。

 

 もしかして私と同じく親の縛りやしがらみで苦しくなったり考えたりしての検索からの訪問なのだとしたら想像するにちょいと心苦しくなるのですが、「でもそれよりも何よりも自分を優先して!!」「とにかく自分の心を優先して!!」とそう思うのです。親よりもまずは自分!!!

 

 

私の両親は心の修行がとても足りないように思います。そして物事をほとんど自分の考え一択でしか考えることが出来ません。自分が正しい。自分はまちがっていない。自分は凄い。親はすごい親だから偉い。男は偉い、女のくせに。男は仕事だけしてればいい。

 

ナンセンスの一言に尽きる。けどまぁそれは、そういう親の姿をみて学んできたりそういう風潮な中生きてきた部分もあるからで、そしてそれ以外の学びに気付くことも出来ないまま脳内での思考や学習もないからに今に至るってやつ。

 

 

親だからって上から目線。このワード、わたしはとても嫌いです。何が偉いんだろう??って小さい頃ずっと思ってました。そんで「親だからって何が偉いの?」と聞くと「子供は働いてお金貰えないけれど親は大人だから働いてお金が貰える。そのお金でお前たちにごはんを食べさせているでしょう?だから親は偉いんだよ!」

 

当然じゃんと思って「それって当たり前じゃない?子供だからまだ働けないんだもん。そういう事言うなら生まなきゃよかったでしょ」と言うと「生んでもらったくせに偉そうなこと言うんじゃないよ!」と。この人達頭オカシイんじゃない?話ずれてるよっていっつも思ってた。

 

 

大人となり子も産まれて親となった私が、自分の子を育ててる過程で痛いほどに感じ苦しんでることは、言動に対しても時折の行動にしても自分に対しての扱いが兄よりも余りにも雑だったこと、そして親が言ってた事なんて所詮小さなちいさな世界でしかなかった独裁的話で、っと、それに気付いてしまったわけだから葛藤とジレンマがいつでもどこでも押し寄せ私を攻撃してくるのです。

 

 

自分の子を育ててる、ただそれだけなのに、「私の子はいいなー。だって私なんてとにかくガマンばかりさせられて可哀相だったなぁー」とか「大人なんか別になんにも偉くないじゃん!少なくともわたしは自分のこどもに対し「私は偉い!だから親の言うことをききなさい」だなんて恥ずかしくて言えんけどねぇ」とか。過去に受けた傷とのVSがどんどん、どんどん押し寄せてくる。

 

こどもの時に押しつけられガマンさせられた理不尽すぎる言葉たちが大人になったわたしにブーメランのよう返ってきているわけで否応なしに考えさせられてしまうという・・・。

 

そんで「その当時の私の親の発言や態度、接し方」に異議申し立てしていた私が今あちら側の立場となっても尚、「ほら!やっぱりあっちの方がオカシイじゃん!!私だけが結局可哀相なんじゃん!!」ってそう認めてしまったがゆえの悲しさとそんなんでしかない日本語の通じない(ような)親に対して感じている情けなさとかね、本当しがないわ。

 

  

 今までは親の言うことを聞くのは当たり前だったのに急に言うことを聞かなくなった私に対して両親は 「意地を張らないで素直になればいいのに(「言いなりになれ」ということ)」「どうしてこんな子になってしまったのか」などなど散々文句を言われたけれど全てスルーした。どうしても許せないことあったから。

 

それはその人間の根本、根底にある嘘偽りのない気持ちの部分だと思うんだけど、こんな状況なのにそれなのにあなたたちはふんぞりかえって口ばかりで高みの見物状態!?ふざけんな!本当に大切だと思っているならば人任せになんかしないよ!自分でも対応するでしょう!?

 

そんな感じの出来事があり、どうしても許せなくて許せなくて。更にこれまでのあり得ない過去を否定すればするほど更に許せなさ止まらず倍増で、頑なに距離をとうやく私は自由になれました。大人になってもいつもダメ出しばかりしてくる両親、大人になった自分の子にいつまでも「私は親だから!」とはまり込んでくる両親。あんたらはいつ引退すんだよ?いつまで偉いと勘違いしてんだ?

 

 

今まではイヤでどうしようもなくても親の言うことを聞いていた。いい子になりすぎていたんだと思う。兄があまりにもクソなのでその兄よりもきちんとしているということで私を認めさせたかったんだと思ってる。お金をかけ特別扱いをしてもらいまくった兄よりもその逆をいってるわたしの方が凄いんだよ!と。

 

 

だから今まで押しつけられてきた価値観を全て無にしました。解放しました!

 

 

 

私は母親の心を満たすための噛ませ犬だったみたいで、いつも「私の方がうまいんだから。あんたは本当に下手だねぇ。なんでそんなに下手(出来ない)んだろう。父親に似たんだねぇ」という言葉、母親お得意のフレーズ。そうやって私を虐げて気持ちよくなっていたんだろうねぇ。

 

そのおかげで私は自己肯定感がものすごく低く、いつも怒られるんじゃないかとビクビクしてるのでどこでも挙動不審(今でも)です。プライドが高く見栄っぱりな家なので人様に馬鹿にされないようにとこれは常識でしょ!?といった細かなルールが沢山ありました。だからどうでも良さげなことなのに面倒多くいから生き辛くてねぇ・・・

木になりたいって思ってた。何も言わなくてもいいし何も言われないから平和だなーって。

 

 

でさ、そんな育てられ方をされた私は「親が私に見せた親の姿というその教科書」を自分の子を子を育てる際にも使ってしまったので(それが正しいとばかり思い込んでいました)こども達には申し訳ないことばかりしてしまいました。個性なんて捨てろ、みんなと同じじゃないと恥ずかしい、一生懸命頑張らないヤツはクズだ。なんでこんなことも出来ないの!などと散々攻撃して追い詰めた。狭い世界でしか生きてないのに偉そうに。

 

 

 

それもあって子は反発ばかりの問題児だったし学校行かなかったりでちょいと苦労したりもしました。傷つけてしまったのでそれ以降は子の気持ちを一番に考えてみるようになりました。とにかく聞くテイでの会話を心がけるように。

それまでは私がボス、私が先生、私が正義!みたいな感じだったもんで。 親がそうだったから私も無意識にそうでした。すでに時代が違うのに自分の時代の子育て論のみに自信を持って偉そうに押しつけてくる人なので、それが良いそれが正しいとばかり思い勘違いしまくってしまいました。私、馬鹿すぎた!・・・

 

 

育てられ方はとても大切だと思います。本当に偉い人は偉いって自分では言わないし、本当に凄い人はその自分の凄さをわざわざみすみす見せつけたりしない。

 

親だからこそもっともっと学ぶ必要があると思います、子供よりも。親だからこそ完成形、なわけはない!どう考えてもそれはあり得ない!

ってことに気付けない人は誰かを傷つけ続けるし勘違いしたままでの世界しか知らない小さな世界の思い違いをしまくり続ける住人で。

 

 

過去は変わらないけど過去に対しての考え方を変えることは出来るから、痛みや辛さ、少しでも軽くしていけるようにしたいと難しいけど自分なりに頑張っているつもりです。それプラス好きなことを優先して自分に優しくしてあげる。そうして痛みや辛さが薄れるように時間をかけ少しづつ、少しづつ。多分死ぬ間際でもわたし、葛藤してると思うけど。

 

でも距離をとってこうしている私のこの選択に後悔はありません。ありがとうより怒りの方がとにかく強いから。もうお願いだから私の人生に勝手にしゃしゃり出てこないで!って思ってる。関わると嫌な気持ちになるから。

 

「こんなにもあなたの事を思ってやってあげたのに」と恩を着せてこちらに罪悪感植え付けて自分を優位にさせこれが正義と思い込み善人ヅラしている私の親は本当に低脳だと思う。でもそれしかないのだからそれしかないんだよね。

 

子とこれについての話も沢山します。執着しすぎだよと言われるけど、でもやっぱり許せないんだよね、怒り止まらんもん。わたしの根底傷つけまくったくせに自分が困ったら「助けて」ってそんな虫のいい話なんてないよ!?って思ってる。

 

だからやっぱり距離をとり続けることがお互いに一番の平和と思います。そして自分は自分の人生を楽しむことでいつか消化できるようになるのかもなとぼんやり思ってます。