然りとてさりとて

毎日を平々凡々に暮らしたい願望大なのに、いろんな事にわちゃわちゃ振り回され続けてる(振り回してる?)50近くの田舎女性たわごと日記。 VSびんぼー、毒持ち(こうあるべき!大好きな過干渉さん達)から逃亡中、VSストレス作らない、自分の為に自分らしく、VS何事にも果敢に挑戦頑張り中

幻に震える(動揺)

なんともなしに歩いてるとき、ぼーっとしながらの運転中、ふとお店の中を覗いたとき、「あれ!?」っていう幻に出会っちゃうことありません!?

 

だいたいは後ろめたい気持ち、そういうもんを持っているからなんだろうけど、んん!?と思ったと同時、ゴクリと息をのむ、心臓いきなりぐしゃっとわしづかみにされるような(?)勢いで「げ、げんじつ?幻術!?」なんていう気持ちになる。

 

 

相当にもう昔のことですが、私みたいなのが好みだなんて珍しく言ってくれてた人がいまして。でも私はその人を人間としては嫌いじゃないけれど付き合うという意味では違うなぁという関係性で。

 

タイミングというのもあるけれど、用事がなくなったら関わり合いもなくなってって。って時はすでに他人みたいなもんで私の記憶の中からはすっかり消えかかっていたのですが。

 

ある日の運転中、ふとなにげに見てしまったファースドフード店。両手でスマホを持ちながら、いかにも「電話しようかな、どうしようかな」みたいなアクションをしているその人の格好に見覚えあり。

 

あ!・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

もしかしたら今電話がかかってくるかもと怖くなり電源を切りました(考える間もなう電源切ったってことは私の中ではすでにそういうことなんだよなと再認識もさせられました)

 

それはその人だったのか別人だったのかは定かではないけれど、でも私の脳内にある何かが反応したわけで。拒絶反応が発せられたんだね。幻だったのかもしんないけどさ、でも震えた。今後は関わりたくなくてゾっとした、そんな幻(?)

 

 

そういうのに今日も遭遇してしまいました。店内だったのでささっと買い物して帰ってきましたが、私、(実親の強い毒という)厄介なことから逃げてるので(悪いことをしているわけではないんだけれど、親の言いなりになっていないだけ)後ろめたいんだろうね。「親は〇〇してあげたのに」とか「あなたの為を思って」とかなんとか言いながら罪悪感植え付けてあーだこーだと言ってきますもんでさ。

 

まぁこちらもまたもや本人なのか別人なのか分からない、そんな幻に怯えてびゅーんっと帰宅してしまいました。本当はまだまだゆっくり見て歩きたかったけど本能が私に命令。「早くレジ行って早く出なよ」

 

 

 

幻に追われるってなんじゃそりゃって思うけど、でもぞぞっとするのよ相当に。

会いたくない人には会わなくていいよ。会う理由も必然もないんだもん。

 

でもなにげにこちらから引き寄せてる事もあるのかもしれないなと思う。以前の同僚にもらったお茶を久々に飲んだ翌日、その会社の人から電話があったりとかさ。

 

ふいの引き寄せの法則ってあるのかもなー。