然りとてさりとて

毎日を平々凡々に暮らしたい願望大なのに、いろんな事にわちゃわちゃ振り回され続けてる(振り回してる?)50近くの田舎女性たわごと日記。 VSびんぼー、毒持ち(こうあるべき!大好きな過干渉さん達)から逃亡中、VSストレス作らない、自分の為に自分らしく、VS何事にも果敢に挑戦頑張り中

いつものように寝まくってた幸せな年越し

怒濤の年末が終わりしばしの休息って感じ。

おはようございます、相変わらずのわたしです。

 

「あたしちょっと寝てくるわ」と言い残し、やはり本寝してしまった昨日18時頃。

21時には一旦目覚めたのですがなにぶん寒くて寒くて。

 

そしたらまた寝ていたのですよ。そんで気付いたら今。眠りこけて年を越すのも悪くないと思ってみましょうか。

 

 

そんな明け方4時前。居間の暖房はガンガンついており2階にまでその温かさが立ちこめてる。「あいつ、また暖房つけながら寝やがったな(怒)」と一瞬怒りに操作されそうになったけど「ま、お正月よ。細かいこたぁー流しますか!」と思いとどまった。あたしも電気つけて寝てるしな、ということで決めました今年の目標。

 

「細かいこたぁー気にしない」と「自己肯定感を上げる」「他人は他人。自分は自分」の3本です☆

 

さっそくパソコン枠に貼り付けました。こういうのってね、忘れていくのよ特に私なんて歳だから。そんなわけでいつでも目にする場所に貼っつけておくと意識してなくても自然に目に入ってくるから脳が、「確かに確かに。それって極めて時間の無駄だよね~」とか「細かいこたぁーそうだそうだ、気にしない気にしない☆」ってなっていく不思議。目標や野望はやはり字にして目に入るとこに置いた方がいいのかもしれません。そしたら意識保てやすいよ。保てないっぽいからわざと書いてるってのもあります私の場合。

 

 

子の1人はなにやらずっと誰かとお話中。階下の風呂からは誰かが入浴してる生活音、もう1人の子だわね。みんな元気だなーって体力有り余ってるお年頃だもの、もちろん元気、ありがたいわぁ-。健康と元気があればそれだけで幸せなことですたい。

 

「元気があれば、なんでも出来る!!」って最高の言葉だと思う。簡単な言葉にきこえる人いるかもしんないけど、深い言葉だよぉーって歳とってから思うようになった。

受け手側の問題ってやつでしょうけれどもね。

 

 

去年を振り返ってみて感じたこと→「人から受ける刺激って莫大」

 

私んとこの上司、無口。もともと無口な方だとは思うけど、だからといって人と話すのは苦手とという印象はないですが(今はパワハラとかうるさいから我慢もしていると思うけど)。なのでほぼ何も言わずにもくもくと仕事をこなしていくタイプなのでそーゆ姿が発動されると「やべっ。私も手伝わなきゃ!」となる私とは真逆に、全くそしらぬ素振りで「わたしには関係ありませ~ん」な人もいるわけで。

 

先日も必死に仕事さばいてる私の傍らで、年末だからといって掃除を30分、必要のない雑用を30分しまくっていた÷子さん(たらたらと1時間を消費)。これがこの人の日常なので「は~~~~~~あーーーーー」と思って流してます私。上司命令で「存在を無視して仕事して」とはじめから言われてるので。

 

はじめはめちゃくちゃ頭にきて怒髪天だったけど最近は「ふぅ~~~~~~ん」って思って見てる。元々仕事に対しての考え方が違うみたいで「自分さえよければ人が大変でも「わたし関係な~い」な人だから。そうじゃない考え方らしき私や上司、先輩プロさんは「協力してやりゃあ簡単な話なのに」と思っているみたいなんだけど、どんなに言っても伝わるはずがないのよ価値観違うから&唯我独尊自己中心的な鉄の女だから。

 

 

そんなんだから「奴をはオカシイから攻撃してもいい」ともいかないし、必死になってどこまでも説いて他人を変えることも難しい。「なんならそういった人間たちの存在はなかったことにして(いてもいないと思って)黙々と仕事してく方が自分の心にもよい」ってことを習得できました。

 

オカシイ人のオカシイ部分はなんとしてでも矯正させなきゃ!!な実家出身で自分の意思など全くくみ取ってもらえずチクチクどこまでもしつこく言われ続け直されて育てられた私としてはやはりそういう勝手は許せないんだよ絶対に!!!

 

だからいつでもどこでも仕事以外でも文句ばっかりだった。けど今は文句もあんま言わなくなったなー。言っても言ってもどうにもならん人に対しての愚痴で大切な時間使いたくないからねえってことまでもようやく気付けましたから。

 

ここ以外の職場ではずっと「オカシイ人のオカシイ部分」について文句言いまくってた、共感してくれる人達と。同じく仕事以外でも「オカシイ人のオカシイ部分」について文句言いまくってたなぁー・・・自分の考え方が正しいと思って生きてるので他人のオカシイところについて、どこまでも文句で攻め続けるという、相手のいないとこで。

 

「従兄弟のお嫁さんの実家に用事があってお邪魔したのだがお茶も何も出なかった。シンジラレナイ!!」とか「欲しいと言われたからこどもの制服一式譲ったのにお礼も何もなかった同級生。シンジラレナイ!!」とか。

 

ま、シンジラレナイのは今もだが、それでも「あーそういうことね」って流すように出来てたら生きるのも楽しかっただろうなと思う。

 

「今なら価値観違うんだからしょうがないよ」で済ませることできるようになったけど、価値観変えられてまで服従&支配されて嫌すぎて苦しんでいた私の恨みは相当に根深い。

 

結局さ、根本にあるのは「自分はどこまでも洗脳され支配されてイヤだったけど仕方ないから言うことを聞くしかなかった不満」ってのがずっと残ってて。だから不満だった部分については他人に対しても「お前も同じようにやれよ”(怒)私はイヤでもやってきたんだからな!!(大激怒)」ってのがあるんだよね。だからめちゃくちゃ永遠にいつも誰かに何かに対して怒っては愚痴っていたんだろうなぁ、、、

 

 

「言っても無駄だった全然変わらない。だからあの人は無視して、いてもいないと思って仕事してほしい。だってそんな奴のせいでストレス溜めたら自分が馬鹿臭いでしょ?だからストレス溜めないように仕事してほしい。自分の出来るとこまででいいから。無理はしなくていいからね」とのお言葉

 

今ならよ~く分かる。他人なんて変わらないってこと。でも私の実家は他人さえ変えれると思ってるから親と同じように言い続ければなんとかなるんだと思ってたそれまでの私。血縁に教師が多いからこういう考え方が大きいのかなぁ??だから誰もそのことに気付かず言い続けているのかね??・・・・

 

 

 

ま、いずれにせよ私、周りの方達からいろんな刺激を頂いて日々考えながら生きてます。ここの職場での人間模様や考え方、兄の離婚に際しての元義理姉の考え方、自分の子を育ててるからこそ分かった自分の両親の独裁的かつ支配的なやり方などぜーんぶひっくるめて考え、ようやく自分が自分らしくいられるように過ごせるようになったなぁと思う。

 

私んとこなんかよりも恵まれてるのにいつも愚痴ばっかな愚痴友と距離をおいてることも新しい自分だなと思う(解決しようともしないただの愚痴を毎度毎度聞くだなんて時間の無駄としかもう思えない)

 

何事も日々変化していくんだからそれでいいやと思ってる。人のことに対して愚痴愚痴言う人って結局は自ら動こうともせずに相手にばかり期待して愚痴愚痴やってる世界の狭い人なんだろなだって思う(経験者は語る)。私は広い世界で生きていきたいんだ。だからそーいうのはもう要らん。これからは要らぬものは必要ないときっぱり言っていこうと思う。愚痴友から受ける愚痴ダメージってのは思いの外大きいんだよ、お互い様だったろうけれど。だからもう自分からは同じネタを永遠再放送してまで繰り返し続けるような愚痴はやめようと思ってる。前向きに生きていくのみよ!

 

 

周りにいる人ってのは自分にとっての刺激だよねぇ、良かれ悪かれ。良いことならばそのままに、良くない事ならフェードアウトしちゃいましょう。誰かに好かれたくて生きてるわけじゃないしねぇ。自分らしく生きていけるようこんな歳ですからこそ自分磨きはじめまーす(とりあえずは意識から)