然りとてさりとて

毎日を平々凡々に暮らしたい願望大なのに、いろんな事にわちゃわちゃ振り回され続けてる(振り回してる?)50近くの田舎女性たわごと日記。 VSびんぼー、毒持ち(こうあるべき!大好きな過干渉さん達)から逃亡中、VSストレス作らない、自分の為に自分らしく、VS何事にも果敢に挑戦頑張り中

そうじたのしー(あたらしい自分発見)

掃除たのしー!☆

新年早々どうした?って思うでしょうが大丈夫です。まだ頭はイカレてません☆

 

こどもたち夜通し起きてましたので、もちのろん今も寝ています。きっとお昼過ぎても寝ていることでしょう。(過去:モブ)夫も先程まで寝てたので「うぉォ~わたしひとり-!いえーィ!快適ィー☆」ということでとっても気分よい今現在も。

 

 

お正月だから今日はごはんも作んない☆食べたいもん買ってきて食べちゃうよ☆だから洗濯して掃除機かけて洗濯物畳んで、で基本の家事は終わりだよ☆

こんなに幸せなことはない!!

 

そんな絶頂なので、これまでしてなかった大掃除をし始めてみました、私には珍しく。

 

 

 

本当は大掃除が嫌いです。それも大大大嫌い!!嫌いすぎてどうしようもなかった(毎回仕事にかこつけて適当なプチ掃除のみにしてた)

 

毎年毎年、年末が近づいてくる度に「あぁー大掃除しなきゃぁ-。でもイヤだなぁー。なんでやらなきゃいけないのかなぁー」って思ってました。なんでだろ?っていう答えが分かったので今日は楽しく取りかかれてるんだと思います。

 

 

 

私の両親ってのは「●○しなさい!」「△△しなさい!」の上から目線当たり前な攻撃的支配的な人達なので、年末が近づくと子供だからっても容赦ないからやるべきことがそりゃ多くって。こどもだもん、他にしたいことがあったりそんなんやりたくなかったり。でも有無言わせず「やりなさい!今すぐやりなさい!」だったんだよね。

 

その言いつけをとことん知らぬふりしているとバンバンッ!といった聞き慣れない生活音ではない特殊な音が聞こえてくる(わざと大きな音をたててアピールしている音)

 

そんで出るんだよー、お得意お決まりなセリフ♥

「誰のおかげでメシが食えてると思ってるんだ!!(大激怒)」とか「働かざる者食うべからずって言うでしょ?いいから早くとっととやりなさい!!(大激怒)」「やらなければお年玉もあげないからな!!(大激怒)」などが、、、、、。

 

お年玉が貰えないのは困る。ただでさえ貰えるアテが少ないんだから!!ということでやりたくもないのに強制されてしていた掃除だったんだよ。だから掃除はとにかく大嫌い。学校の掃除や会社の掃除は嫌いじゃない。ということは家に絡む掃除が嫌いってことなんだなぁ・・・・

 

「あんたの部屋はブタ小屋みたいに汚すぎ!早く掃除してキレイにしなさい!」っていっつも言われてた。「ブタ小屋見たことあんの?」って聞くと「またそうやって!(大激怒)!あんたはいつも屁理屈ばっか(般若)いいから早くキレイにしなさい!!(この世の怒りを集結させたかの如くな様」

 

 

このように質問にもに答えてくれない親だったから、小さい頃からの私は疑問に思ったことの答えもいつも探してました。今はスマホという文明の機器のおかげでどこかの誰かに大感謝♥答えにすぐたどり着けるからほんとうに幸せです。

 

 

 

でね、分かったんだよ。家での掃除が大嫌いだった理由→

●「強制されてのイヤイヤ掃除だったから」

●「お年玉あげない」とか「誰のおかげでごはん食べさせてもらえてると思ってるんだ!」など等価交換も強要されながらの脅迫めいた事に従うしかなかったイヤイヤ掃除だったから」

 

そうだそうだ、私は家での掃除が大嫌いだったんだな。それが余りにも深くどっぷりと染みついて染みこみすぎてしまってて今に至るんだと思う。だからいつも逃げ出したくて毎年毎年逃げてばっかいたんだと思った。

 

あと考えられることは子が大きくなってきて時間が出来てきたから、かな。子に手がかからなくなってきた分時間を自分の思うように使える幸せ、まじ神レベルです。

 

 

そんなこんなで、作られてしまった良くない風潮は壊してやることでしか改善できん。ということで必死に大掃除中なのです。でも楽しいのねーん、だってこの掃除は自分の為だけにやってるんだから☆なので「ちょっとあんたたちー手伝ってよ!!(怒)」なんても思わない。自分の為に楽しんでやっているんだもーーん。

 

 

あとね、あたしは「自己の尊重は生意気だ」というそういう悲しい子供時代だったから

自分のこどもには強要なんて一切致しません、てか出来ない。大掃除も「しなさい!」なんて言わん。部屋が汚くても掃除しなさい!と掃除するまでなんても言いません。

良きにつけ悪しきにつけ、個人を尊重しているつもり。ていうか個人を尊重したいんだよね。

 

 

今も(過去:モブ)だった夫がお昼ご飯を作っているらしい(うどん)。やってとは言ってもないが勝手にやってくれている←(何がどうなっていても絶対文句は言っちゃいけない。素直に「ありがとう」と思いながら配給されるごはんの有り難みのみを感じましょう)

 

この家は個人を尊重したいので、そのためにお互いがお互いをサポートしたり協力しあって生きているからみんな平等。こどもも親も平等で対等。だから家族が楽しいんだなーと思う。

 

子に対して「私は親だから偉い」とか言ってるヒマがあるならば、子に自分が知ってること教えてあげたり子の経験値あげさせれるよう行動することの方が有意義だと思う。親も子から学んで吸収させてもらっていけばいいんじゃね?って私は思うけど。

 

ということで私は大掃除嫌いを克服しようとしています。

毒持ちの実母がいつも「掃除もきちんと出来ないで、女の仕事が出来てるとは言わない!!」と元兄嫁に対して影で言っていた言葉とかも私の中で縛りになっていたんだろうな。

 

要らぬもんはガンガン捨てる。もう1つの目標です。