然りとてさりとて

毎日を平々凡々に暮らしたい願望大なのに、いろんな事にわちゃわちゃ振り回され続けてる(振り回してる?)50近くの田舎女性たわごと日記。 VSびんぼー、毒持ち(こうあるべき!大好きな過干渉さん達)から逃亡中、VSストレス作らない、自分の為に自分らしく、VS何事にも果敢に挑戦頑張り中

たいせつなこと

今読んでる本、私にしたら目から鱗状態。もっと早くに出会いたかった。

 

何してても怒りが沸いてきてニュース見てても怒髪天なので「もう何も見たくないし聞きたくもない。木になりたいなぁ~」って思ってた時期長かったのよね。

 

心理というもんを読み進めるうちにそのカラクリがようやく分かってきました。

 

わたし、わたしの感情を私の脳でお上手にコントロール出来ていなかったんだ。

 

 

最近は「平和だなぁ-」と思うことが多い。それまでは修羅場が沢山だった。

平和を望んでるなら平和になるようにしなきゃなんないってこと分からなかった。

 

オカシイから「オカシイ」と直球で言われたら誰だっていい気分ではいられない。それなのに「オカシイもんはオカシイから」と攻撃ばっか受けて育った私だから配偶者にも私が実家で受けてたと同じよう「あんたそれオカシイよ。普通はこうあるべきでしょ!すぐ直しなよ!」とやっていたもんだから平和なんてくるわけなくってねぇ。

 

子に対しても同じで。こどもだからこうあるべき!とした親世代からの自信満々なすり込みにやられまくって(否定ばかりされて育ったのでいつでも何してても自信がない不安症)それが正しいからと疑いもしないままで私はきちゃったからこっちもこっちで修羅場。

「◍◍させなきゃダメでしょ!!」「◍◍なんだから!!」って平気で土足で入り込んでくる実母。本人からしたら「良かれと思って」「孫の為を思って」という大義名分の影に隠れて好き勝手に自分が理想とする孫の像に近づけるべくのご意見番の如くなんだもん。そりゃ私の育児失敗するわなぁ。

 

 

平和って平和にしたいから平和になるように意識しなきゃならんのだね。自分が我慢する、ただそれだけでやり過ごしていくんじゃなく、自分の考え方をガラリと変えていかなきゃ本当の意味での平和ってこないんだなーと過ぎたことだからようやく言えることだけれどね、そう思えるようになった。

 

 

毒持ちの親からの毒という呪いをといた今は私の心ってもんが何もかも平和に近づいていっている。こんなに穏やかな気持ちでいられるのはこれまで生きてきて初めてなんだよね。じんわりとした幸福感。例えるなら温泉で全てリラックスしてまったりしているような感じだわ。

 

失敗したらどこまでもしつこく責められ追い詰められるので、失敗が怖くて仕方がない人間になった。それも失敗したことに対してとても過敏になって私を見る。監視されてるような心境、苦しいしんどい。そんなもんだから何事にも積極的に挑戦していこうなどとは思わんかった。そんなの失敗しあたらまたとことん追い詰め責められるんだからチャレンジなんてただの自殺行為だったしね。

 

 

どこの職場でもそうだったんだけど仕事のミスってのがとにかくとにかく怖くって。犯人捜しとか責められるのとかが本当に私はダメで。だからミスしないよう緊張しまくりでいつもやってたんだけど、今のとこは犯人捜しとか責めるとかそういう意味での追求全くない。かなりミスってること多いと思うけど(後で自分で気付いた時の恐怖といったら!!)むしろ頑張ってること認めてくれる(と思う)。強く責めてくることなく、むしろちゃんとフォローしてくれる。それを言葉で嫌みったらしくも言ってこないし恩着せがましく偉そうに押しつけてもこない。

 

その責められない場所のおかげもあって、小さい頃に作られてほしかった自分に対する自信ってのを今作れてるし、異常なまでの不安症項目もどんどん小さくなってきているそんな状況だなーと心底ありがたく思ってます。

 

 

恐怖に支配され過ぎちゃって「あー。明日がこなけりゃいいのにな・・・」っていう悲しくて切ない時間、あたしどんだけーってくらい過ごしたもんなー・・・

 

 

「簿のちゃんは簿のちゃんのままでいいんだよ。そのままでいいんだよ」って言ってくれる人はいたけれど、その言葉から私の自信が作り出されていくことはなかったもんね。私がほしかったのは私がされてきてしまったことの真逆だったんだなー。失敗しても強く責められない注意もされまくらない。でもきちんと気付きはくれる。だから私の失敗は減っていく。そんで自信もくれるというなんて素敵な回路なんだ!感激だわ

 

 

まさかこんなところでこういう人間関係でこんなふうに頂けるとは・・・何がどうなるかってのは分からんもんだねぇ。。。とにもかくにも感謝しかないわ。

 

 

 

愛があれば何やってもいいわけではない。愛があるからこそ見守るっていう方向にチェンジしていった方が幸せの持続威力すんごいだと思うようになりました。