然りとてさりとて

毎日を平々凡々に暮らしたい願望大なのに、いろんな事にわちゃわちゃ振り回され続けてる(振り回してる?)50近くの田舎女性たわごと日記。 VSびんぼー、毒持ち(こうあるべき!大好きな過干渉さん達)から逃亡中、VSストレス作らない、自分の為に自分らしく、VS何事にも果敢に挑戦頑張り中

ずるい奴と厳しさからくる我慢の反動と「我慢しない、言う!」

まいにちまいにちこちらときたら忙しくて切羽詰まりながら仕事してるのに「自分がおおまかに指示されている仕事が終わったらそれでよし!後は私には関係ない」、そんな人ばかりなので非常に胸くそ悪いです。

 

その人たちはおおまかに指示されている自分の仕事(勝手にご自分で線引きされているだけなのだが)が終わればあとは自分が帰るその時間までただひたすらどうでもよいような事をして時間を潰します。

 

 

今この部署において急ぎでやらなきゃいけない案件があったとしても「私には関係ありません」なのでどんなに仕事がそこにたまっていようが全くとして知らぬふり。

 

そんでもって急ぎでもない必死になってやらんでもよいようなどうでもよい事をせっせとやって2時間近く潰すのよ、、、

 

それだけでも頭にくるのにさ、そこに至るまでにもずーっとちんたらちんたら。そんなスピードでゆっくりゆったり仕事してる(ようにしか見えない)。お前ら牛歩か!

 

 

がし子さんは雑用は一通りやるが÷子は全くやらない。1mmもやらない。虚弱体質だから無理(?)とか言ってるらしいけどどうみてもふくよかで元気そう。虚弱ってなんだろう?私には分からない。

 

 

これまではなんだかんだ言いながらもスルーしてこれていましたが、スルーなんてもうとんでもないっ!!こんなんもうスルーなんて出来ないよ、、、。そんなところでずーっといる私のこの現状。いつも「ぱとらっしゅ・・・」とばっか呟いてます(上司に言ってもさ、上司も「どうーにもならん」とサジ投げてるし)

 

 

怒りや馬鹿臭さがずーっと淀みながら私の中にずっといるわけですが、最近ではそれがものすごく悲しくて。もの悲しさになってしまってて。

 

そういうおかげもあってもちろんいつも疲れてる。寝てばかり。身体の回復は出来ているけれど心の回復が出来てないのが問題。

 

 

もうこれは充分に休養するしかない!!そう思って「きょうはおかーさんをやめます!それぞれご自分でお好きにどうぞ!」と夜ご飯も作らないもん宣言したまではよかったのですが、ご飯をつくる長男とは真逆、ほとんどつくらない次男が食卓についたとたん煮るラーメンを作り始めてしまった私。習慣ってコワイネ。

 

「そーいうこと言いながらもなんで作ってあげてんの。俺は自分でやるから作らなくていいからね」という長男の言葉に有難さを感じながらも「煮るラーメン作るのなんて料理に入らんわ、はっはっは☆」と思いながら作れたので私もレベルアップしたもんだ!

 

これからは手抜きしたいときはそういうご飯にしときゃいいだけなのねと学習。レンチンとかでいいんだよ、だって疲れてるんだもん身体も心も。それなのに上塗りしてもっと疲れなきゃならんだなんてどんなマゾだよ。そう思うのでこれからはそうしよう。

 

 

親から押しつけられてきた価値観「女の仕事」という足かせが余りにも大きすぎて私は時折自分で自分をそうやって苦しめてしまう。事あるごとに「女の仕事だから」「女の仕事だから」と刷り込まれてきたので「んなわけねーだろ」と思ってはいるのにどこかで罪悪感がものすごく押し寄せてくる。特に我が家は男3女1なのでそう思ってしまうのかねぇ?家事全般をきっちりこなさなければならないというのが女の仕事というものらしい。

 

仕事もして家のこともしてこどものこともしてが普通な現代ではそういうのは無効と思うのだが、そういう教がいる限り、そしてそういう教に望んでもいないのに洗脳させられてきた人は私と同じようにブラックホールに堕ちちゃうんじゃないかなぁ?

 

全力で振り切って自分をラクにしてあげないと自分が壊れちゃうよね。

 

 

 

さて、不倫で会社解雇の芸能人の話。今もなお話題になっているあの人ですが、「この人、どうやって育ったらそういう中身になるんかしら??」と興味を持ったので調べてみた。

 

私が思うに感じるになんだけど、この人も昭和チックな家庭だったみたいねぇ。男が格上!みたいな?。父親は道場の先生で自営業。なんかすごく想像つくんだけど、、、、、

 

私も両親ではないが叔父があるスポーツでは有名な先生やってるのでなんか想像つくんだけど、、、

 

 

厳しく育てられすぎてくるとさぁ、大人になった時orそれ(スポーツでもなんでも)を終えた後が怖いよね。その反動が凄まじいエネルギーと勢いでそれ以外の何かに成り代わるが為のよう聞こえもしない音が聞こえてくるんじゃない??ってほどの音と熱で一気にそこ向かっていくわけで。

 

今まではひとつのおもちゃ、それだけしか使えなかったのに「これからは自由にしていいんだよ~」ってなったらその反動でガンガンおもちゃ欲しくなっちゃうじゃない?いっぱい欲しくなっちゃうじゃない?これからは好きなことを好きなようにしていいんだね!ってなるとどうしても「この世界は自分だけの手中☆」みたいに勘違いし始めちゃうじゃない??

 

 

この人ずっと心はガキんちょ坊ちゃんなんだろうなぁ。甘えたいときに甘えさせてもらえなかった人は永遠に甘えん坊を夢見てる。男も女も同じよね。満たされなさ過ぎるからその弊害が確実といっていいほどに時間がたってから現われてきてしまう。

 

 

多分この本人も辛かったりはするんだろうけれど分かっていないから。こういう人は何度も何度も失敗して周りを傷つけて自分を傷つけて、そうやって痛い目に遭って遭いまくってようやくマシになっていくんじゃないかなぁ?もしかしたら痛い目にあってもマシになれないのかもしれないけれど、、、

 

 

 

我慢は美徳なんかじゃない。誰かが誰かの都合の為にそういう事にしてそう思い込ませただけだと思う、なんでも美しくキレイにしたがる気持ちは分からんでもないけれど。

 

お知らせボードに詳しく書かれても自分のこと言われてると理解出来ないようだし?、口答で言われても「私じゃありません。私はちゃんとやってますから」と言うようだしでどんな手を使っても改善にはならんというナンバーワン問題物件である÷子さん(ナンバー2も÷子さんと同じレベルでいるのだが)

 

全体的に考えると自分のしたい仕事しかしない÷子さんだから上司からみても一緒に働いてる人からみても「正直:使えない方の人間」に分類されてしまってるんだけど、でも本人はというと「自称ものすごく仕事ができる自分」と思い込んでいるみたいで。その上更に更に厄介なのは÷子さんより後に入った人に対しては「自称ものすごく仕事が出来る大先輩な私」という設定なこと。

 

だからとにかく偉そう。私が10件やってるのを見てるその横で自分は珍しく1件だけやった、ただそれだけなのに「充分私はやってます」って平気で言うから虚弱同様私には全く分からない。よく恥ずかしげもなく堂々としていられるよなーと不思議でたまりませぬ。

 

 

上司曰く「あの人は自己評価が高すぎるんでしょ」と。虚弱でもないのに(虚弱になんてとうてい見えません)虚弱アピール、仕事できないのに仕事出来ますアピール、ちゃんと仕事していないのに「私はちゃんと仕事しています」宣言だし、一緒にいると腹立つけど逆に考えると楽しいオチ物件とも言えるなぁ。

 

自分を守るために÷子さん対応、がしこさん対応を自分の中できちっと決めて接していかないと朽ち果てるわよ私。後で書きながら作戦ってやつを考えるとするか。

 

不満を口に出さんではやってられませんあたしゃ。だから口には出しましょう!でもほどほどに☆って感じにしときたいけどそこが難しいんだな。