然りとてさりとて

毎日を平々凡々に暮らしたい願望大なのに、いろんな事にわちゃわちゃ振り回され続けてる(振り回してる?)50近くの田舎女性たわごと日記。 VSびんぼー、毒持ち(こうあるべき!大好きな過干渉さん達)から逃亡中、VSストレス作らない、自分の為に自分らしく、VS何事にも果敢に挑戦頑張り中

今日のひとこま

朝目覚めたら頭が痛かったので走りに行くのは断念。

「仕方ないねぇ、頭痛をおしてまで走る必要などないもん」

 

そう納得してまた寝たけれど、次目覚めたらとってもいい天気!

「これは公園でもパトロールしてきたほうがよさげだわ」

「距離短くしときゃぁ頭痛ダメージもそう喰らわんでしょ」

 

息子に運転してもらって(強制道連れ)大きな公園へ。

3Kmくらい走ってくるわーと言って一時解散。

 

悩んでる時は長いこと迷わずとにかく行動した方がいいね。

 

短い距離でも充分満足。正直言って何ヶ月ぶりかの再始動中(冬期は冬眠)なのでそれくらいでも「ふぅ」とか言っている自分。コンスタントに積み重ねていませんといつになっても0から始動。「こ、こんなスピードって、、、、、」「あぁーまた0からだわぁ~」が私の口癖。何年たっても変わらず立ち位置は0。

 

 

ま、こんなもんだろう。そう思ってコツコツやるしかないな。

 

生活を優先するより疲れの解消を優先していた先週。おかげで家事がたんまりでした。

「洗濯職人かいな」と思いながら食器を洗い「食器洗い職人もかよ」掃除機かけては「掃除職人もか!」のループを何度も繰り返し、子の用事に付き合って&こちらの用事にも付き合ってもらって帰宅してからはまたそれぞれの職人をして「もういやだよパトラッシュー」と思いながら最後は子と2人でファミレスへ逃亡。現実逃避して英気を養う&きょう頑張ったご褒美にパンケーキ(走ったしね)。めちゃ甘だったけどうまかった。悔いは無い。

 

 

ちょいと小物とか買おうかねと某洋服やへ行ったのですが同行した息子、シンプルなワンピを手にとった私に対し「やめとけやめとけ似合わないから」と囁き。

「おばさんはそういうの似合わないから」と言うので「おばさんだって着こなせるってとこ見せてやるよ!?」と言うと「無理しない方がいいって。そうやって無理しないの。そういうこと言ってる人に限って更におばさん度あげて着こなしちゃうんだから」と言われてしゅんとなってしまいました。

 

客観的意見は大事だなーと思ったのでとりあえずは我慢。「簿のちゃんはこういのが似合うんだから」と言う私に似合う彼おすすめのファッションコーディネイトはというとカジュアルな感じのものでした、ふむ。

 

確かになー、かーさん野生児のようにそこらを走り回っているけどなー、でもだからといってドレスアップすることを全拒否しているわけじゃないんだぜ!?と思いましたけど面倒くさかったので一意見として頂いときましょうか。

 

まー息子にとってかーちゃんが余りにも女っぽい部分出してるのは見たくないんでしょうね、まーまー気持ちは分かる。けど少しくらいいいではないか。そう思う私でありました。

 

いずれにしても私は私だ。楽しんでいこうと思う。