然りとてさりとて

毎日を平々凡々に暮らしたい願望大なのに、いろんな事にわちゃわちゃ振り回され続けてる(振り回してる?)50近くの田舎女性たわごと日記。 VSびんぼー、毒持ち(こうあるべき!大好きな過干渉さん達)から逃亡中、VSストレス作らない、自分の為に自分らしく、VS何事にも果敢に挑戦頑張り中

学びながらで自己肯定感あげている

休みの日というものは、自分の為だけに使いたいなって思うのです。

子と一緒に出かけるのもいいけれど、自分の意思を優先したいのです。

毎日誰かのお手伝いをして生きてるとそういう気持ちになっちゃうんじゃないかなぁ?

 

ぎぶみー自由-。誰か私に自由を与えて-!

 

 

とは言えども、自分のペースでできる時間あるときの家事は嫌いではありません。

洗濯をするとき最近いつも思うのが、洗剤の蓋が開かなくて必死に開けようとしてるのですが、そんなときいつも思い出してしまうこと。

「はぁ-もうコレも開けれなくなっちゃってー」とぶつくさ言いながらの実母の姿。

「一生懸命あんた達の為に子育てして一生懸命あんたたち育てる為に必死に頑張ってきたから私はこんなんなっちゃってー」

 

 

いつもそうやって恩着せがましく誰かに罪をなすりつけて自分はさも被害者ぶる心理、それが嫌でした。今もそーいうの大嫌い。その時のその光景がね洗剤使うときに蓋開かない時にが絶対浮かんでくるのです。同じシュチュエーションゆえに。

 

だから悔しくて悔しくて必死で私は開けている。開かなくても自力で何度も頑張ってみてそうやって開けている。誰かのせいになんてしたくない。自分で選んだ人生だ、自分の為に開けやがれ!そう思いながら開くまでがんばっている。

 

あちらに大病が発覚したときも「娘なんだから親の心配をするのは当たり前でしょう?」と恩着せがましく言ってきていたが全てスルーさせて頂いた。心配!?なんじゃそりゃ。

 

だって心配したいという気持ちよりも「ほらまたそうやって同情を買おうとしやがって。いつもの手口だよねー(棒読み)」という気持ちの方が大きくて。

 

「親に感謝しなさい」と常々言われて育ってきたから感謝というもんは作んなきゃいけないものなんだなーって私は思ってる(親に対しての場合のみ)。自然と勝手に生み出されてくるものなんかじゃなくて故意にわざわざ作り出さなきゃいけないもん、そういうもんなんだなーと。

 

だから此の期に及んで「育ててあげた恩」とか言われても「はぁ???」ってなっちゃってて。「育ててもらったという恩も作り出さなきゃならんのかーはぁ憂鬱・・・」そうなっている。

 

恩はないわけじゃないけれどそういうふうに強要されるとねぇ?

 

 

子が新しい道へ進み始めた。私からしたらAの方が絶対にいいだろうと思ったのだが本人はBにするという。明らかにAの方が全体的にみて断然良いのだが本人がBと言うんだから「ならばそうしなよ」とBに決定したのだが・・・

 

やはりAの方がよかったわと帰宅後ポロリ。まじ腹痛くなってたもんねーメンタルのせいで。Aの方がよかったわーと言うではないか。

 

いつもいつも人生の岐路に立たされたとき子は安全な方安心な方へとばかり進んできた。友達がいるからそっちにする、◍◍さんがいるからそれにする。初めはよかったのだろうが時間が経つにつれ気付いてくるもんだ、なんで俺こんなところでこんなことしてるんだ??(目的なく理由のみで進むとそうなるもんだよね)

 

何回かあったそういった教訓を生かしてBにした彼。そしたら今回は失敗?したかもしれないけれど(?)でも以前と変わったなーと思った、文句言わなくなったから。

以前は文句しか言わなかった気がするが、最近は理不尽なことに対しても「ま、仕方ないか」で済ませるようになっている(気がする)

 

 

それに「自分で決めるんだから慎重によく考えて行動しなきゃ。自分で決めるんだから自分で責任を持たなきゃね」という言葉はちゃんと届いている模様。少しづつだけどちゃんと成長してるんだなぁ。

 

大変なことがあればあるほど経験値はあがる。だからいろんな経験をした方がよいと私はそう思う。同じとこにいるばかりじゃなくて新しいとこに広がりをもっていかないと変化さえ生まれないからさ。だから今回の選択は勇気の現われ、強気の姿勢だわ~と心配しながらも惚れ惚れとしました。いけいけ、GOGOそうやっていってまえ。ぼっち最強!

 

 

それにしてもさ、身近な人の影響って大きいよね、すごく大きいと思うのよ。

 

過干渉な私の実母が黒子となって裏で自分の思うようにと実は私をコントロールしていたのだがその場合のこの場合はどうだっただろうか?と考える。

 

「ほら、だから言ったでしょう~。Aにしなさいって。でもあんたが自分でBに決めたんだから仕方ないでしょ?だから私の言った通りにすればよかったのに」

 

これがもっと小さい頃だとこうだった。

「ほら、だから言ったでしょ。おかーさんはAにしなさいって言ったのにあんたがBにしたんだからおかーさんは知らないよ!!だからおかーさんの言う通りにすればよかったでしょ。あんたが自分で決めたんだから自分1人でちゃんとやりなさい!(怒)」

 

 

応援一切ないんだよ・・・。選択ミスをは責められるし、私の言いなりにならないからほらこういうことになったんだよ!って責められる。その上あんたが自分で勝手に決めたことなんだから私はしらないと突き放される(これが彼女の日常)

 

悲しいなぁー悲しいなぁー。相手の気持ちなんて関係なく暴走している。道徳ってなんだろね。彼女は何を学んできたんだか・・・

 

 

何をどうしてもこうして責めてきたりはしない現職場。直接的な応援は余りないけれど(人による)でもフォローはちゃんとしてくれる人はいる(今までの職場では緊張ばっかしていた気がします)

 

だから私は自分の子に自分がされたようにはしなくてよい構図となっているんだと思う。ここのおかげで私の自己肯定感は少しづつ上昇していると思う。ありがとう、感謝です。あなたの無口がわたしを救う。

 

 

 

先日ふとしたことから親の育て方の話になって、そこで夫がいった一言がやけに響いてしまいました。

「簿のさんは可哀相な子供時代を過ごしたんだねぇ。あーやって怒ってばっかだと相手は萎縮して何も言えないし何も出来なくなるよな。あれってよくないよなー」(←私の両親と兄の酷さと凄さを知っている)

 

「それにしてもあのメンバーでずっと生きてきたのに、簿のさんだけは普通の人として普通に生きていられるんだから凄いよねぇ」と言って笑っていた。

 

親から怒られたことも厳しく躾けられたこともない彼からしたら特にそう思うのだと思います。なんかものすごく心に残ったし響いてしまったのでした。

 

 

悲しんでばっかいると楽しむ時間が減っちゃうし辛くなっちゃうから洗剤開けるとき思い出してしまっても「私は違うから。私は楽しく生きてくし人に罪悪感与えて自分だけ気楽になろうとなんてしなから」と思いながらで開けるの頑張ろうと思う。

 

 

その時その時を満足して過ごしていけるよう自分はもちろん子にも沢山の話を通して伝えていけたらいいなあーって思った。こちらとしてはなんてなく言ったことだって相手の記憶に残っていたらそれはそういうことだから、これからも相手の気持ちを大事にしていきたいものだわぁ-。

 

鋼みておびえる豆腐

まいにち心を無にして勤労おばちゃんしています。

なんの因果かわたしはなんでも屋ポジションなのでアレ無理これ無理とは言えやしませんので淡々とこなしていくのみと思いやっていますけど、ほんと思うねぇ。

 

はぁ(ため息)

 

それでも不満なことやおかしいと思うことを言える相手がいてくれて話をきいてくれるから生き残っていられるんだよなーとしみじみ思う。感謝です。

 

 

優先すべき作業は知らぬふりで好きなことしかしようとしないあのお方、相変わらず塩対応されておりましたのにすごいよメンタル。嫌われてるの分かってて話しかけていけるそのメンタルがすごいよなーと感心してしまうのです。私もそろそろ豆腐は卒業して相手の気持ちなど関係ないもん気にしないもんメンタルを持たなきゃいかんなーと見る度みるたびそう思ってしまいます。

 

イヤな人苦手な人に話しかける時ってどういうもんなのかなぁ?

私なら明るく話しかけたりは出来ないのだが、、、上司だし。

でもあのお方は明るく話しかけるんだよね-。だからちぐはぐすぎて関係性がいまいち分からなくなっちゃう。あれれ?って思うのだ。

「わたしたちには距離ないですよー円満ですよー」みたいなの感じてしまうんだけど考えすぎだろうか?(以前そういう質問を直球で受けたので一応は気にしているんだなと予想してる)

 

 

関係性って温度で分かるよね。今回もそうだったけどあのお方が話しかけた瞬間、ちょっと長い間があって、そんでようやく機械的な温度のない返事をするという。一瞬で津軽海峡冬景色みたいな情景浮かぶ現場だわ~と思ったのでありました。

 

「明らかに機嫌悪そうだわ。くわばらくわばら」と思っていても話しかけてみたら全然普通ってこと多々なんだよねうちの上司。だから嫌すぎてるんだろうなー、とても分かりやすいのよね。

 

「私だったら辞めるわ。あんな態度され続けるなんて考えただけでも辛いから絶対辞める」という結論に至った私と先輩プロさん。でもそういうこと考えてる時点でそういうふうにはならんと思うのよね。そんな感じ不穏な感じにはならんように円滑に♪という意識働いているものね。ということだなーと。

 

 

それにしてもだな、挨拶しても挨拶かえってこないのによくメンタルやられないもんだ。鋼最強だわよあのお方。見習おうと思います、その強さだけ。

 

なんかつらつらと

最近の夫、モブをやめたらしい。積極的に動くようになった。家事の大変さを思い知ったらしい。

 

やはり相手の立場に自分がなってみてはじめて「共感」というもんができ「理解できるようになる」のでしょう。是非とも同じことしてもらわなければならぬ、可能な限りで。そう思います。

 

たかが皿洗い。そう思うかもしんないけれど、ほんっと面倒くさいよねー。いっそのことサランラップと紙皿でご飯食べたらいいんじゃない?って思うもん。

夜遅く帰宅した夫。好物の松前漬けをわずかだけ残しててた、お皿に入れてラップして。ほんの一口分。

翌朝そのお皿を洗いながら思ったね。「こんくらい食べとけ。洗う手間省けるだろう」

「もしくはラップでちょちょいとくるんどけ。洗う手間省けるだろう」

 

要するに洗いたくない人の文句というかなんつーか?よね、洗うものが増えたことに憤りを感じたということです、はい。だって早く休みたいんだもの、好きなことしてゆっくりしたいのよ、心を特にゆっくりさせたいの(一休みしてばかりでなんも進んでない事実は寄せとこうか)

 

 

それにしても疑問。掃除だってね、職場とかでなら全然何も考えずにせっせとそれなりに出来るのに、家のこととなるとなんでかな?やる気出てこんのよね。甘えてる?リラックスしすぎてる?いつもエクトプラズム吐き出しながら家事してるような私。ってこれ仕事ある日の私だす。仕事ない日の私&家にわたし一人きりよお~♥な日は俄然張り切って家事してる不思議。

 

時間あると無敵だね、無敵なんだよね。朝起きて「パン焼いとくか~」「お菓子作っとこうかな」「夜ご飯はちょっと手の込んだものでもいいわねぇ」なんて考え頭ん中でわきゃっきゃしているもん。洗濯も大好きになってるし。畳むのも愛を込めて畳めるYO

 

結論:時間ないとダメ。時間は無敵。無限は無敵!

 

 

朝の連ドラを楽しみにしてる彼。好きなのに好きと言えないヒロインを見て「そこは言わなきゃでしょ!そこはちゃんと言わなきゃダメでしょう!!」と興奮。そんな彼をみて一言思った。「お前が言うか!・・・・」」。本人には言いませんでしたけどね(悪い雰囲気になるから我慢した)

 

 

昨夜は顔にも手にもべったりとクリームを塗って就寝。とはいっても「よし、寝るぞ-!」とは思わなかったのでまたもや記録更新中。寝落ちで電気つけっぱです。よくないからなんとかしなきゃと思ってるんだけど毎日絶対やっちまう。そろそろ反省して改善したいものです。あぁ話が迷走。クリーム塗って寝たらお肌の状態めちゃいいっす。

特に手!あたしの今の手はお恥ずかしい限りでお見せできやせん状態。それがなんかしっとりしているよ、ケアって大事なんだね。習慣にしなきゃだわ。

 

 

いくらおばさんだってもさ、女捨てたらよくないわ~(と私は思う)

せっかくですもん、楽しみませんとね。とかなんとか言いながら心の底からは楽しめてないのよね。やっぱ自分にかけるお金も時間ももう少し欲しいなぁ。そしたらもっともっといきいき出来ると思うんだよね。張り合いっていう意味で。

 

欲張らない程度で欲張っていきたいもんです。

 

寝たろう

ここ数日は三年寝太郎状態でした。とにかく眠くって。

 

帰ってきてご飯作ってご飯食べて。「ふぅ、ちょと休むわ」なんて言った少し後にはもう記憶失ってました。数時間ごとにふと目覚めはするんだけど、身体がどうにも動かなくって動かせなくって、またまた眠りの森の住民に。そんな繰り返しをしてようやっと朝方の5時、自分のベッドへと動いたのですが、それにしても私よ、どんだけ居間で横たわってんだって感じ。

 

その翌日は前日の教訓を生かすべく!と早々とベッドへは行きましたが、横たわったらすぐ寝てた(!)暖房はもちろんつけっぱなしの電気ももちろんつけっぱよ。

そうやって寝てばかりいては、身体が健康なのか健康じゃないのかもよく分からなくなってくる。

 

そんでも寝まくったおかげかな?今日とかは調子いいんだよね、仕事、人少なくてめちゃ大変だったのに。変なアドレナリン出てたりしてんのかな?忙しすぎて脳みそがクレイジー状態ですこぶる元気なのかしら?・・・

 

 

最近はあんま吠えなくなりました。吠えるって疲れるんだもん、気力めちゃくちゃ持ってかれるんだもん。そんなことに労力費やしたかないわ。そんなふうに思えるようになっただなんてほんとわたしも大人の階段のぼったもんだわ。これまでは吠えまくって怒っていたもんね。

 

いろんなとこで「は!?」って思いはするんだけれど、「どうせ言っても変わらんし」というふうにスルースキルを覚えることが出来ました。これはまじにありがたいこと。

細かいこと気にしてるヒマがあるなら楽しいこと考えたりした方がいいもんね。

 

 

今週もお疲れ様でした。わたし、よく頑張った。善逸のようにほとんど寝ていたような気もするけれど・・・

 

たいせつなこと

今読んでる本、私にしたら目から鱗状態。もっと早くに出会いたかった。

 

何してても怒りが沸いてきてニュース見てても怒髪天なので「もう何も見たくないし聞きたくもない。木になりたいなぁ~」って思ってた時期長かったのよね。

 

心理というもんを読み進めるうちにそのカラクリがようやく分かってきました。

 

わたし、わたしの感情を私の脳でお上手にコントロール出来ていなかったんだ。

 

 

最近は「平和だなぁ-」と思うことが多い。それまでは修羅場が沢山だった。

平和を望んでるなら平和になるようにしなきゃなんないってこと分からなかった。

 

オカシイから「オカシイ」と直球で言われたら誰だっていい気分ではいられない。それなのに「オカシイもんはオカシイから」と攻撃ばっか受けて育った私だから配偶者にも私が実家で受けてたと同じよう「あんたそれオカシイよ。普通はこうあるべきでしょ!すぐ直しなよ!」とやっていたもんだから平和なんてくるわけなくってねぇ。

 

子に対しても同じで。こどもだからこうあるべき!とした親世代からの自信満々なすり込みにやられまくって(否定ばかりされて育ったのでいつでも何してても自信がない不安症)それが正しいからと疑いもしないままで私はきちゃったからこっちもこっちで修羅場。

「◍◍させなきゃダメでしょ!!」「◍◍なんだから!!」って平気で土足で入り込んでくる実母。本人からしたら「良かれと思って」「孫の為を思って」という大義名分の影に隠れて好き勝手に自分が理想とする孫の像に近づけるべくのご意見番の如くなんだもん。そりゃ私の育児失敗するわなぁ。

 

 

平和って平和にしたいから平和になるように意識しなきゃならんのだね。自分が我慢する、ただそれだけでやり過ごしていくんじゃなく、自分の考え方をガラリと変えていかなきゃ本当の意味での平和ってこないんだなーと過ぎたことだからようやく言えることだけれどね、そう思えるようになった。

 

 

毒持ちの親からの毒という呪いをといた今は私の心ってもんが何もかも平和に近づいていっている。こんなに穏やかな気持ちでいられるのはこれまで生きてきて初めてなんだよね。じんわりとした幸福感。例えるなら温泉で全てリラックスしてまったりしているような感じだわ。

 

失敗したらどこまでもしつこく責められ追い詰められるので、失敗が怖くて仕方がない人間になった。それも失敗したことに対してとても過敏になって私を見る。監視されてるような心境、苦しいしんどい。そんなもんだから何事にも積極的に挑戦していこうなどとは思わんかった。そんなの失敗しあたらまたとことん追い詰め責められるんだからチャレンジなんてただの自殺行為だったしね。

 

 

どこの職場でもそうだったんだけど仕事のミスってのがとにかくとにかく怖くって。犯人捜しとか責められるのとかが本当に私はダメで。だからミスしないよう緊張しまくりでいつもやってたんだけど、今のとこは犯人捜しとか責めるとかそういう意味での追求全くない。かなりミスってること多いと思うけど(後で自分で気付いた時の恐怖といったら!!)むしろ頑張ってること認めてくれる(と思う)。強く責めてくることなく、むしろちゃんとフォローしてくれる。それを言葉で嫌みったらしくも言ってこないし恩着せがましく偉そうに押しつけてもこない。

 

その責められない場所のおかげもあって、小さい頃に作られてほしかった自分に対する自信ってのを今作れてるし、異常なまでの不安症項目もどんどん小さくなってきているそんな状況だなーと心底ありがたく思ってます。

 

 

恐怖に支配され過ぎちゃって「あー。明日がこなけりゃいいのにな・・・」っていう悲しくて切ない時間、あたしどんだけーってくらい過ごしたもんなー・・・

 

 

「簿のちゃんは簿のちゃんのままでいいんだよ。そのままでいいんだよ」って言ってくれる人はいたけれど、その言葉から私の自信が作り出されていくことはなかったもんね。私がほしかったのは私がされてきてしまったことの真逆だったんだなー。失敗しても強く責められない注意もされまくらない。でもきちんと気付きはくれる。だから私の失敗は減っていく。そんで自信もくれるというなんて素敵な回路なんだ!感激だわ

 

 

まさかこんなところでこういう人間関係でこんなふうに頂けるとは・・・何がどうなるかってのは分からんもんだねぇ。。。とにもかくにも感謝しかないわ。

 

 

 

愛があれば何やってもいいわけではない。愛があるからこそ見守るっていう方向にチェンジしていった方が幸せの持続威力すんごいだと思うようになりました。

自分に言い聞かせながら~

なんかふっきれてきてる。

言われなきゃやらない人や言われてもやらない人に「ちゃんとやれよ」と望む方が間違いなんだよなーという考えにしたこと。

 

そんでもって私が困ってるときや大変なとき助けてくれる人達が困ること、それ私は好きじゃないんだよね。

だから私の為と私を助けてくれる人達の為、そこを大きな割合として考えるように脳内を変えていくことにした。「イヤなヤツをラクさせる為に私は頑張っているわけじゃない。私が大切だと思っている人達を大変にさせない為にとしてあたしゃ頑張っていくんだよ!という脳内変換を頑張り中。

 

そしたらね、腹も立たんのだな不思議に。

 

 

先日急遽出た会議でのこと、まぁまぁダメ出しのオンパレードで。そりゃどよよーんとはしたけれど、「でもまあ過ぎたことは仕方ない、うむ」と思っていましたら、他部署の方に「大丈夫ですか?」と心配そうに聞かれフリーズしてしまいました。

 

マジに意味がわからんかったので「大丈夫?なにがですか?」と聞き返すと「いやぁさっき沢山言われてたので・・・」と言葉を濁しながらの返答。

んん??さっきのことってそんなに心配されるほどのことだったのか!と逆にビックリしてしまったのでした。アタシはダイジョウブです、あれくらいなら序の口だわ☆

 

メンタル強くなったな自分。と思った出来事でした。

 

そりゃメンタル強くもなるよなーとしみじみ思うのです。入社したはいいがきちんとマンツ-マンで教えてくれるわけじゃなかったので、右も左も分からぬままたった1人で担当するしかなかったから、そりゃ時間と共にキモもすわってくるってもんです。確認したいこと沢山あるのにそれが出来ないって本当困るもん。相談したり話し合いたくても私1人しかいない地獄・・・。あーいうしんどい時が沢山あったからこそこうしてメンタル強くなったんだろうなー。

 

 

それにしても会議中はかなりイタイとこばかり突っこまれました。で思ったね、「あー私たちに上司はいつも何にも言わないけれど本当はいつもこうしてガンガン言われてるんだろうなー」と、それで切なくなりました。板挟みってメンタルしんどいよ私だったら絶対イヤ。

だからせめて頑張れるくらいのパワーはフルに使って頑張りたいものだわとやる気パワーが沸いてきました、押忍!

 

というわけで頑張ろう。そう思ったのでした。

ストレスにしたら損

「私はもう年寄りだから無理」とか「私はもうこんな歳だから無理」など自分で無理と勝手に決めて言い訳作って自ら撤退する人間のまぁ多いこと。

 

それ、登場人物自分だけの1人劇情なら別になんにも構わんよ?

けどそうやって人に一方的に押しつけたりする場合や、人が絡まなきゃ成り立たない場合ってのはどうなんだかねぇ?と思いながら飲んだ酒がはかどってしまい体長不良だった昨日。

 

肩ばっきばき、首ぼきぼき。血行悪すぎて頭痛止まらんかった。

 

 

昨夜は子と「お茶飲みにいこー気分転換しにいこー」とか言ってたのにお互いのタイミングも合わず、時間経過と共にどんどん疲れが身体を重くしていく刑受けてるみたいな。

 

それで、飲みたい食べたい本読みたい歌聞きたいの現実逃避した気分たっぷり味わいたいの☆はそんなわけで延期と相成りました。

 

 

今回特に思ったんだけど、こーいう感情マジよくない。

イヤな気持ちに支配されイヤな気持ちでどよーんと過ごす時間って身体によくない、全くよくない。楽しくできるかもしれない時間を捨ててわざわざイヤな気持ちでいるなんて勿体ないおばけがくるよ。

 

 

小さい頃はイヤな事がある日は「その日が来なけりゃいいなー」って思ってたけど、大きくなった今では「イヤなことはとっととさっさとやっつけてやりたいわ」と思うようになった。不思議なシフトチェンジ。

 

小さい頃は考えないようにすることで逃げることでイヤ気分に支配されないようにしてたけど、けどそれだと逆に意識すぎきちゃって大きく支配されすぎちゃうんだよね。後5日・・・後3日・・・みたいに自分で自分に死刑宣告下してるような。逃げてる自分逃げたい自分ってのがわかってるから罪悪感も強くってね。

 

 

イヤな日がくるのを待つしか無いようなそんなのが苦痛すぎて、迎え撃てるようになったんだと思う。私も大人の階段昇ったな☆。逃げるんじゃなくて待ち構えてやる、もしくは待てないからこちらから早々とやっつけたる!みたいなこの思考、有名なあの三方の武将のおかげ?

 

影でグチグチ言っててもしょうもないのでなるべく本人に言う戦法に今はしています(これまでは我慢ばかりして影でぐちぐち永遠に言い続けるしかなかったので改善)。そんで返り討ちにあったりもするんだけど←これやられたから飲み過ぎてしまった

 

 

 

あーだこーだと事細かに言うのはチクリみたいでイヤなのでポイント部分のみ上司に確認。ほらやっぱそういうことよねぇ。

 

 

誰かが自分さえ良ければとわがままし始めるから問題が起きるのよ。自分以外の人の気持ちも考えられたらそんなことは少ないんだけれどそれが出来ない人がいる現実。そこはどうにも帰られんからその都度その人にさらりと言う。そんでもどうしても無理ならば詳しくはっきりと上司に相談。これだな。

 

言っても言っても変わらん人にはもう言わなくなるのとも当然だよね。先日も÷子さん思いっきり無視されてたけれど自業自得だから仕方ないよねぇと思った次第。

上司が「返事さえしたくない」んじゃなくて「返事することさえ出来ない」そういう関係性を作ったのは紛れもない÷子さん本人でしょうから。

 

 

今年は怒りを減らしていくキャンペ-ン実施中な私。

細かいことは気にしない。他人は他人、自分は自分。お好きにどうぞの精神で自分を大切に自分の時間を大切にしていきたいからそうしていくつもり。

 

それにしても昨夜はとびきり寝過ぎてしまった。おかげで身体だるいし腰痛い。元気になる為に寝たたっぷりが逆に身体を苦しめてるがまぁ細かいことはどうでもいい。